コーヒー×知識

コーヒーの保存方法を紹介!最適な場所はどこ?

コーヒーの画像

コーヒーの保存方法は冷凍が長持ちする

コーヒーの保存方法は最初はどうやればいいのか迷いますよね。
コーヒーは意外にデリケートなものなので保存方法はすごく重要です。

一番やってはいけないのがそのままの状態で保存することです。
コーヒーは湿度や温度に強くないのでできれば常温での保存は避けておいたほうがいいでしょう。

そこで今回の記事ではコーヒーの保存方法を紹介します。
できればコーヒーの保存方法は冷蔵から冷凍がいいです。

しかし、それも自分がどのくらいで飲みきれるのかで変わってきます。
その保存期間も紹介します。

1ヶ月以内に飲むなら冷蔵でもいい

購入したコーヒーを1ヶ月以内で飲みきれるのであれば、冷蔵保存でもいいかと思います。
コーヒーは焙煎してから、3日から14日ほどが飲み頃なので実際にはその期間で飲み切るのがいいです。

しかし、実際はその期間で飲みきれないこともおおいので、1ヶ月をみておくといいでしょう。
もし、1ヶ月を超えるのであれば、冷凍して保存がおすすめです。

冷凍して、飲む場合は出して、常温で少し、溶かしてから、飲むと良いでしょう。
冷凍する場合は容器に入れて冷凍は難しいのでジップロック等に入れて、冷凍するといいです。

1ヶ月で飲みきれるか切れないかが保存方法に違いが出ることになります。

密閉した容器に入れるのがいい

コーヒー豆などを保存する容器ですが、できれば、密閉性の高い物がいいです。
そのため、ゴムパッキンで容器を密閉しているものがいいでしょう。

もし、ないのであれば、回すタイプのものでも問題ありません。
とにかく、コーヒーの豆や粉を買った袋のまま、ゴムなどで止めるは一番やってはいけません。

もし、ジップ付きでしっかりと保存することを考えている袋なら問題ありませんが、その他のものであれば、容器に移し替えて保存することをおすすめします。

コーヒーの保存方法でやってはいけないこと

次にコーヒーの保存方法でやってはいけないことを紹介します。

常温保存

先程も説明しましたが常温保存はあまりおすすすめしません。
コーヒーは湿気や高温により、劣化が早くなりますので冷蔵と冷凍がいいです。

案外最初はわからずにやってしまうのですが、この保存方法で味が変わってしまいます。
できれば、コーヒーは冷蔵か冷凍しましょう。

袋のままゴムで止める

これもすこし、説明しましたが購入したときの袋をそのままゴムなどで止めることです。
コーヒーは酸素に触れいてしまうことにより、酸化してしまいます。
そのため、できれば、酸素に触れないように、密閉性のある容器に入れて保存が良いです。
容器は100均一でもありますし、コーヒーショップでもおいてあります。

そこまで、値段も高くないので容器に移し替えることをおすすめします。

コーヒーの保存方法で味は変わる

コーヒーは豆の品質に以上に意外に保存が重要です。
せっかく良い豆を購入しても保存方法で台無しになってしまうからです。

これまで説明した方法もそこまで難しいことはないので、ぜひ、実践して、最高に美味しいコーヒーを楽しんでください。