珈琲きゃろっと×おすすめ

コーヒーの深煎りでおすすめの商品を紹介!苦めが好きな人必見!

深煎りの味は何がいいのか

コーヒーには浅煎りと深煎りの焙煎度があります。
この2つの違いは主に煎る時間の長さの違いです。

コーヒーの味はその豆の品質によってももちろん変わってきますが、この焙煎度の違いでも変わってきます。

この深煎りのいいところは酸味が消えて、よりその豆の本来の味と苦味とコクが深くなることです。

そのため、深煎りは味が非常に奥深くなります。
特にコーヒーもある程度飲んでいてちょっと苦味があるコーヒーが好きな方は深煎りのコーヒーは非常におすすめです。

そこで今回の記事では深煎りのコーヒーでおすすめの商品とポイントを紹介します。
この記事を参考にすれば自分好みの深煎りコーヒーを見つけることができます。

深煎りのコーヒーでおすすめの商品

深煎りのコーヒーでおすすめの商品を紹介します。

珈琲きゃろっと きゃろっとブレンド

はじめに深煎りコーヒーでおすすめするのは北海道に拠点を構える珈琲きゃろっとさんのきゃろっとブレンドです。

このきゃろっとブレンドはより、深煎りの味の特徴ですある苦味があるコーヒーで非常にコクがある商品です。

また、マンデリンなどの特徴に見られる酸味を抑えた、苦味がある味を楽しむことができます。

深煎りの苦味をある味がありつつチョコのような甘みを感じるので、苦味があるなかでも飲みやすい形になっています。

アイスコーヒー用にも使用できるので使い勝手は良さそうです。

苦味を強く感じるときの対処

深煎りのコーヒーを飲む方はおそらくある程度の苦味を求めている方が多かと思います。
しかし、実際には苦いだけだで旨味やコクがなかったとの意見もあるのも事実です。

その理由としては淹れ方や挽き方などに原因があるのかもせません。

そのため、もし、実際に飲んでみてそのような印象を受けたら少し、淹れ方や挽き方をかえてみましょう。

もし、苦味が強く感じるようでしたら淹れ方はなるべくさっと入れる方式の方がいいですね。

ドリッパーをお使いなら穴の大きな物を選ぶこと、そして、お湯の注ぐタイミングも気持ち早くてもいいかもしれません。

また、粉の挽き具合ですが、細挽きだと苦味がや味が強くでて、粗挽きだと味が出にくい性質があります。

そのため、もし、粉の粗さを調節できるのであれば、苦味しか感じない方は少し荒くしてもいいかもしれません。

豆の味に少し、疑問がでたら淹れ方と挽き具合を見直すといいですね。