コーヒー×おすすめ器具

フレンチプレスでおすすめの器具を紹介|コーヒーをよりおいしくする!

コーヒーの画像

フレンチプレスはコーヒー豆そのものの味を楽しめる

フレンチプレスの味の特徴はコーヒー豆そのものの味を楽しめることです。
コーヒーの粉を直接浸して、抽出します。

金属フィルターで抽出しますので、コーヒーのオイルの成分なども染み出ししていきますので、まさにコーヒー本来の味を楽しめますね。

しかし、そんなフレンチプレスですが、どんな器具を選んでいいのかいまいちわからないですね。
そこで今回の記事ではフレンチプレスを選ぶ基準を紹介します。

フレンチプレスは用途によりメーカーや容量が変わってきます。

フレンチプレスを選ぶポイント

フレンチプレスを選ぶポイントを紹介します。

容量

フレンチプレスを選ぶ基準として重要なのが容量です。
フレンチプレスは容量が決まっていますので、1~2人で飲むのか、3~4人で飲むのかで変わってきます。

1~2人で飲むのなら、350ml、3~4人なら550mlを選択するといいでしょう。

手入れのしやすさ

フレンチプレスは実は手入れが面倒です。
しかし、フレンチプレスの構造自体が面倒なかたちになっているので、メーカー間で特別違いはありません。

もし、手入れをしやすいものをお求めでしたら、ほぼ同じ原理でコーヒーを抽出する、エアロプレスやアメリカンプレスがおすすめです。

こちらはコーヒーを圧縮して抽出する方法の原理は一緒ですが、コーヒーの粉を一気に捨てることができますので、手入れが非常に楽です。

フレンチプレスはコーヒーの粉が底にこびりついて取れない場合がありますので処理が大変な部分があります。

フレンチプレスでおすすめの器具

フレンチプレスでおすすめの器具を紹介します。

ボダム(bodum)

ボダムは1944年にデンマークで生まれたキッチンウェアブランドです。
フレンチプレスといえばボダムといっても過言ではないくらいの、人気のメーカーです。

ボダムの特徴としてはそのスタイリッシュな見た目と手ごろな感覚で使用できるコンパクトなデザインです。

クリアな味わいで抽出できますのでとりあえず最初の1個と考えているならこのボダムを選んでおけば間違いありません。

ハリオ(HARIO)

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーです。
ハリオといえば円錐のドリッパーが有名で愛好家も多いです。

しかし、このハリオはフレンチプレスも幅広く取り扱いがありますので、お手頃でボダムとまた違った雰囲気で楽しむことができます。

最初の1個はボダムでまた違ったフレンチプレスがほしいとなったらハリオがいいですね。

メリタ

メリタは1908年ドイツで生まれたコーヒーメーカーで、実はペーパードリップシステムを開発したのはメリタです。

非常に歴史のあるブランドで日本はメリタジャパンとして活動しています。
メリタのフレンチプレスはボダムやハリオに比べると値段が手ごろなのでもし、より手頃な値段でフレンチプレスがほしいと思っている方はこのメリタをおすすめします。

フレンチプレスといってもメーカーによって値段も違いますので、まずはフレンチプレスを試してみたいならメリタの器具をおすすめします。

コーヒー豆の味そのものを楽しむならフレンチプレス

フレンチプレスの醍醐味は何といってもコーヒー豆そのものの味が楽しめことです。
ペーパードリップはすっきりとした味わいを楽しめますが、オイルなどの油分も一緒に吸ってしまいます。

フレンチプレスは金属フィルターで通すだけなので、オイルなどの油分もそのまま残ります。
そのため、コーヒー自体は少しにごった感じになるかもしれませんが、オイルも抽出されているからです。

すっきりとした味わいもいいですが、たまには本来のコーヒーを楽しみたいときにフレンチプレスは非常におすすめです。

ぜひ、1個持っておくべきコーヒー器具ですよ。