コーヒー×知識

安いコーヒー豆は危険なのか?値段の違いを徹底解説!

コーヒーの画像

安いコーヒー豆は危険ではない

コーヒー豆は値段がピンキリであり、なぜこんなに値段が違うか不思議ですよね。
その中でも安いコーヒー豆は危険なのか?と疑問が浮かび上がります。

結論から申し上げますと安いコーヒー豆は危険が危険ではありません。
なぜ、安いコーヒー豆ができるのかですが、これは産地だったり、あとは種類によります。

コーヒー豆は大きく分けて2種類に分かれます。
アラビカ種とロブスタ種です。

流通量としてはロブスタ種のほうが多いのですが、苦みが強いなどの特徴があります。
そのため、缶コーヒーなどに多く使用しています。

缶コーヒーは安いですよね。
このようにどのような種類の豆を使用しているのかでかなり値段が変わっていきます。

そこで今回の記事では10年以上コーヒーを飲み続けている私がなぜ、値段が違うのか安いコーヒー豆が危険ではないことを解説します。

この記事を参考にすれば、これから安いコーヒー豆に怖がって飲むこともなくなります。

コーヒー豆の値段が違う理由

コーヒー豆の値段が違う理由を解説します。

コーヒー豆の希少性

コーヒー豆といっても何種類もあり、その数も膨大です。
そのなかで、希少性のある豆や取りやすい豆など様々です。
その中でもとりやすい豆は値段も安くなります。

先ほど少し、説明しましたが、アラビカ種とロブスタ種では取れる量やまた、栽培できる環境も違います。

アラビカ種のほうがデリケートなため、育てにくいです。
そのため、そこでコストも多くかかるので値段も必然的に高くなります。

コーヒー豆の希少性などは値段に大きく影響してきます。

コーヒー豆の種類

先ほどお伝えしましたが種類によっても違います。
種類とはアラビカ種かロブスタ種なのかです。

基本的にはアラビカ種のほうが流通量が少ないので値段も少し高くなる傾向です。
ロブスタ種の方が育てるコストもそこまでかからずにできるので値段も安くなります。

缶コーヒーなどはほとんどロブスタ種です。
全部ロブスタ種で構成されるの珍しくたいていはブレンドされて使われます。

そのため、その割合の多さで値段も変わってきますの一概に言えない部分はあります。

ブレンドかストレートか

こちらの値段に影響を及ぼす要因ですがブレンドかストレートかです。
これは簡単に言うと、混ぜているのか、そのまま1種類の豆で構成されるのかです。

安いコーヒーは基本的にはブレンドされています。
その割合にロブスタ種が多いのかアラビカ種が多いのかで変わってきます。
一方でストレートであるとその豆自体に希少性があるものであれば、値段も変わってきますし、もちろん高くなる傾向にあります。

ブレンドため、安いコーヒーが体に悪いのかというと決してそうではなく、味に違いがでるかどうかです。

もちろんブレンドが好きな人もいるので一概にどちらが美味いかは決めることはむずかしいですが、基本的にはストレートのほうが値段は高くなります。

鮮度

鮮度も非常に値段に影響を及ぼす部分です。
コーヒーは基本的には焙煎してから、3日~14日、冷蔵保存なら1ヶ月とされています。

そのため、注文を受けてから焙煎するのかもすでに焙煎してから販売するのかで値段も変わってきます。

市販で販売されいるものは基本的には焙煎してからだと思いますが、この鮮度も値段にはかなり影響を及ぼす部分ですので重要です。

この焙煎後なのか注文を受けてから焙煎するのかですが、もちろん安いコーヒー豆は焙煎してからの販売です。

このような工程のちがいでも値段も変わってきます。

安いコーヒー豆が危険は誤解

これまで安いコーヒー豆の理由を説明しましたが、決して危険ではないことをわかっていただけかと思います。